安浦遊郭 -神奈川-

軍港のある横須賀はその土地柄ゆえに軍人を慰安する目的で作られた遊郭が多いといえます。代表的な遊郭は柏木田、皆々作、そして今回紹介する安浦の3つ。柏木田はこちらの記事に書いてあるように、旅館「福助」が解体されたことで遺構はほとんどなくなってしまいました。が、安浦はまだ若干のカフェー建築が残されています。

そしてこの安浦、とある一角に多くの警察官が監視を行っている建物があります。表札には「小泉」の文字。そう、小泉元首相の実家です。遊郭の中に首相の家があるのが面白いですね。

それでは2014年の様子を見てみます。

安浦の遺構としては最も有名なこの建物。コーナー部分に小豆色の豆タイルが施されてます。二階には、看板がかかっていたと思われる金属の枠組みが残されています。昔はネオンサインが輝いていたのでしょうか…(地図①)

磨りガラスに「良美軒」と書かれているカフェー建築。屋号でしょうか。この取手が斜めになっているドアは、鳩の街にも同じようなものがありました。(地図②)

もう一つがこの建物。現在は民家になっていて手入れも非常に良いですね。当時の遺構かどうかはわからないですが、玄関や窓周りの作りが何か違和感・・・(地図③)

とても静かな住宅街「安浦」。僅かに残された色街の残滓も、長い年月をかけてゆっくりと消え去ろうとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です