丸亀 福島遊郭 -香川県-

丸亀駅北側には2つの遊郭が隣り合っていたと言われてます。「新堀遊郭」と今回ご紹介する「福島遊郭」です。この2つの遊郭は場所的にも非常に近いんですが、丸亀駅により近いほうがこちら。近いというか、駅の目の前です。岐阜の金津園みたいな「駅前遊郭」ってやつですね。

「全国遊廓案内」によると、このあたりは船頭や旅人相手の私娼街だったものが、明治20年頃に貸座敷16軒、娼妓120人の福島遊郭になったとされています。

当時の繁栄はどこにいってしまったのか、現在、この周辺は空き地や廃墟化した空家が多く、地方都市の衰退を目の当たりにします。どうなっちゃうの日本。

では、早速散策してみましょう。

丸亀駅から徒歩20秒で現れる見事なカフェー建築。なかなかの大店。さらにこの近くには「津坂洋服店」という、負けず劣らずなカフェー建築があったのですが、既になくなっておりました。(地図①)

だいぶ凝った意匠のステンドグラス。帆船と▼マークの組み合わせがモダンですね。

菱形の意匠の中にも異なるタイルが散りばめられています。美しや…

そのまま西の方に歩くと見えてくる「一寸島神社」(地図②)

鳥居を潜ると、廃墟のバラックが立ち並び、異様な光景。映画のセットみたい。(地図③)

振り返って本堂側から鳥居方面を見る。夜だったら怖すぎて来れません。

その廃墟バラックの中に突然現れる「DENNIS RODMAN」の文字。バスケに憧れた少年がいたんでしょうか。それにしても血文字っぽい色なんで怖いっす。

一寸島神社の鳥居すぐそばにある「末広旅館」。転業旅館なんでしょうか?(地図④)

末広旅館の入り口。独特の意匠が残っていますね。

廃墟になっていますが、こちらも遺構っぽいですね(地図⑤)

港の近くにある建物も渋いです(地図⑥)

歴史を感じさせる建物がちらほら残っていますが、いつまであるのやら…(地図⑦)

今にも倒壊しそうな遺構。(地図⑧)

こちらも当時のものですね(地図⑨)

なんてことない建物っぽいですが、中央に煉瓦で囲まれたドアが…気になります(地図⑩)

これはオツなカフェー建築ですね。横須賀の安浦にも似たような建築物がありました(地図⑪)

ドアに斜めの手摺がついていたら100点でした。

向かいにある酒屋?倒壊寸前ですね。(地図⑫)

丸亀の北口は新堀遊郭の「駒春」はじめ、特徴あるカフェー建築が残っていました。が、街の寂れ具合がハンパないので、それらもいつまで残っているのか心配です。取り壊される前に、見ておくことをおすすめします。

丸亀を去った私が次に向かったのは、JR四国の土讃線の起点「多度津」です。次回は多度津にあったという「東浜、西浜」の遊郭跡を紹介します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です