多度津遊郭[東浜] -香川県-

丸亀の福島遊郭新堀遊郭を見て回った私が次に向かったのが、丸亀から2駅離れた「多度津」。丸亀同様、金毘羅参りの拠点ということで古くから栄えており、歴史を感じさせる街並みが残されています。

その昔、遊郭があったのは駅から北西方向に徒歩20分くらい歩いたところにある桃陵公園近くの「西浜」と呼ばれるところ。その西浜はあとで紹介するとして、今回はお隣の「東浜」を歩いてみたいと思います。

東浜は遊郭ではなく商店街だったと言われていますが、散在する遊郭の遺構、そして西浜との距離からその境はかなり曖昧だったのではないかと思います。

それでは東浜の遺構を見ていきましょう。

これは見事な建物ですね。緑青がいい味出しています。戸袋の横は黒いツルツルのタイルが貼られていますね。(地図①)

奥へと続く巨大な長屋。手前の丸い柱には「たばこ」と書いてありますね。(地図②)

上の長屋を別角度から。これだけの大きさはなかなか見かけません。(地図③)

長屋の向かい側にあるオツな水田食堂。四国だと「めし・しる・おかず」が一般的なんですね(地図④)

立派な門構えの遺構(地図⑤)

同遺構。門の頭上にあるモダンな照明。夜は青い光が灯るんでしょうか?

一際目立つ唐破風、そして格子窓(地図⑥)

弁柄色の壁と2階の欄干がモダンで、なにか違和感…転業して営業してた…?(地図⑦)

こちらもなにやら怪しい感じ…(地図⑧)

モダンなカフェー調の建物(地図⑨)

屋号は「大丸」…でしょうか?よく見るとタイルでできていますね。

だいぶ年季が入っていますが、風格は健在です(地図⑩)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です