八幡園 -愛知県-

名古屋市内で戦後に赤線地区に指定されていた「名楽園」「城東園」「八幡園」「港陽園」のうちの一つ、「八幡園」を散策しました。

 

名古屋駅から豊橋方面の各駅停車に乗り、二つ目の駅「尾頭橋」で降ります。

駅に降り立つ人たちは男ばかり。しかも改札を出ると皆、左折して線路沿いを同じ方向に歩き始める…

左側に何があるのかな…と思いGoogle Mapで調べると、「WINS名古屋」の文字。なるほど、納得。

目指す目的地「八幡園」は駅から徒歩2分の「尾頭橋公園」付近です。

地図で見ると、この一角だけ道幅の広い道路で囲われているのが分かります。ここが八幡園の中心かな。

全国女性街ガイドには次のように記載されています。

戦前の花柳界八幡連が、ゴッソリ赤線に転向。四、五年は味があったが当今はだめ。中川区八幡町あたりに六十八件三百二十四名。

では、2016年8月現在の様子を見ていきましょう。

 

二階手摺に妓楼らしい装飾がみられます。(地図①)

「八幡園」で一番有名なアングル。左のカフェー建築、右の妓楼が道を隔てて向かい合います。(地図②)

右側の元妓楼。現在は民家として使われているようです。保存状態も良い感じ。(地図③)

左のカフェー建築。デザイナー建築のように見えるけど、石内都氏の写真集「連夜の街」に載っているので間違いない。アールのついた角が艶めかしい。(地図④)

こちらも民家として使われているようです。保存状態も良いですね。(地図⑤)

「SNACKつやた」。上にあるのは髪をなびかせた女性の横顔。この建物の左隣(現在はパーキングになっているところ)に、八幡園で一番有名だった元妓楼『床元(とこもと)』があったのだけど、解体されてしまった。丸窓が印象的な建物で見てみたかった…残念。(地図⑥)

尾頭橋公園に隣接する元妓楼。保存状態いいですね。(地図⑦)

こちらも公園に隣接する「金鈴商店」(地図⑧)

寄ってみると、丸い柱は豆タイル。間違いありません。

外装は綺麗になっています。三階部分が印象的。(地図⑨)

個人宅で利用されているようで保存状態良いですね。漆のような赤壁、二階の丸窓が美しいです。(地図⑩)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です