港陽園 -愛知県-

名古屋市内で戦後に赤線地区に指定されていた「名楽園」「城東園」「八幡園」「港陽園」のうちの一つ、「港陽園」を散策しました。

名古屋駅から豊橋方面の各駅停車に乗り、三つ目の金山駅で降り、そこから地下鉄名港線に乗り換え築地口駅で降ります。

港町らしく名古屋港ターミナルに急ぐトラックが多く、街道沿いは比較的煩いけど、一本奥に入ると静かです。

目的地「港陽園」は駅から「港陽公園」方面に徒歩5分くらいの場所にあります。現存する建物は少なく、かもめアパート(かもめ荘)くらいしか目ぼしいものがない。港陽園といえばかもめアパート、かもめアパートといえば港陽園という感じ。

全国女性街ガイドによる紹介文はこちら。

戦前の稲水廓がちょっと移転したもので、四十七軒に二百二十名。港区港陽町一帯。

では、2016年8月現在の様子を見てみましょう。

これがかもめアパート(かもめ荘)。没個性的なマンションに囲まれる中、ひときわ存在感を示しています。現在も住人がいて、当日は管理人さんらしき方が植物に水やりをしていました。(地図①)

DSC_0264

「炊事場付きの貸間有ります」

DSC_0265

 

ピンクのタイルが綺麗ですね。DSC_0266

 

DSC_0267

近くにもう1件、妓楼を改装したと思われる倉庫っぽい建物もありました。(地図②)

DSC_0263

港陽園 -愛知県-」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です